for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ヤフーが個人発のニュースを強化、記事の執筆依頼も

 12月1日、ヤフーは有識者や専門家が書き手となっている「Yahoo!ニュース 個人」事業を強化すると発表した。2009年8月撮影(2014年 ロイター)

[東京 1日 ロイター] - ヤフー4689.Tは1日、有識者や専門家が書き手(オーサー)となっている「Yahoo!ニュース 個人」事業を強化すると発表した。オーサーを支援するために、報酬面の制度を手厚くするほか、社会的に注目度の高いテーマについて、編集部が記事執筆をオーサーに提案、専用ページに集約して紹介することで、記事がより読まれるようにする。

ヤフーの宮坂学社長はオーサーを集めた会合で「日本で一番ニュースの書き手をサポートする会社になりたい。いつかピュリツァー賞など国際的に権威のある賞を受賞できるようなニュースがヤフーニュース個人から生まれる日を夢見て頑張っていきたい」と語った。

報酬面では、記事のページビューに対する報酬率を現在の30%から50%に引き上げ、さらに今後は投稿頻度に応じてオーサーに報酬が支払われる仕組みも導入する。また「Yahoo!ニュース」に配信される記事にオーサー専用のコメント枠を設けることで、オーサーの知名度向上も後押しする。

「Yahoo!ニュース 個人」は2012年9月に開始。現在のオーサーは465人にのぼる。「Yahoo!ニュース」は月間100億ページビューを超える日本最大級のニュース配信サイト。

志田義寧

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up