for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ソニー、スウェーデンで千人規模の人員削減行う可能性=地元紙

[ストックホルム 22日 ロイター] ソニー6758.T傘下の携帯電話会社「ソニーモバイルコミュニケーションズ」は、スウェーデンで最大1000人に及ぶ人員削減を行う可能性がある。スウェーデン紙が22日、報じた。

スウェーデンのSydsvenskan紙は関係筋の話として、ソニーモバイルが3000人を雇用するスウェーデン南部のルンドにある開発拠点で、数100人から1000人に及ぶ人員削減を検討していると報じた。

ソニーは携帯電話のソフトウェア開発をスウェーデンにとどめる一方、ハードウェアのデザインと開発の日本への移管を進めているが、検討されている人員削減はこうした動きの一環である可能性がある。

この報道について、ソニーモバイルの広報担当者、Gustaf Brusewitz氏はコメントを控えた。労働組合もコメントを控えている。

また、この報道を受け関係筋は23日朝にも何らかの発表がある可能性があることを明らかにしたが、発表の具体的な内容については言及を控えた。

ソニーモバイルの前身は、ソニーがスウェーデンの通信機器メーカー、エリクソンERICb.STと設立した合弁会社「ソニー・エリクソン」。ソニーは今年初めに同社を完全子会社化し、社名をソニーモバイルに変更した。以来、ソニーが経費削減のためにスウェーデンで人員削減を行うとの懸念が出ていた。

アランズバンケンの産業アナリスト、ステファン・オルソン氏は、ルンドで削減する人員の一部が日本に移管される可能性があるとの見方を示している。

ソニーは4月、ルンドで149人の人員削減を行うと発表している。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up