for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

任天堂「WiiU」、米国販売は発売1週間で40万台突破

11月26日、任天堂は、米国で今月18日に発売した据置型ゲーム機の次世代機「Wii U」の販売台数が発売から1週間で40万台を突破したと明らかにした。ロサンゼルスで6月撮影(2012年 ロイター/Phil McCarten)

[26日 ロイター] 任天堂7974.OSは26日、米国で今月18日に発売した据置型ゲーム機の次世代機「Wii U」の販売台数が、発売から1週間で40万台を突破したと明らかにした。

Wii Uは据置型ゲーム機「Wii」の次世代機で、6.2型のタッチパネル液晶を搭載したタブレット型コントローラーが付属しているのが特徴。

任天堂は、米マイクロソフトMSFT.Oの「Xbox360」に市場シェアを奪われているほか、スマートフォン(多機能携帯電話)やタブレット端末向けゲームの攻勢を受けており、「Wii U」で巻き返しを図っている。

「Wii U」の前身にあたる2006年発売の「Wii」はヒット商品となり、販売台数は9700万台を超えたが、ここ数年は人気が落ちていた。

米国任天堂のレジー・フィセメ社長はインタビューで「『Wii U』は小売店では実質的に売り切れ状態となっている」とし、販売は「製品をいかに早く小売店に供給できるかにかかっている」と述べた。

また、現時点では詳細な比較はできないとしながらも、「Wii U」の販売は「Wii」発売当初と同等の水準で推移しているとの見方を示した。

「Wii U」の価格は、容量8ギガバイト(GB)の基本モデルが299.99ドル(日本では2万6250円)。容量32GBのモデルは349.99ドル(同3万1500円)となっている。

*内容を追加して再送します。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up