for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ITC判事、マイクロソフトがモトローラ・モビリティの特許侵害と判断

[ワシントン 23日 ロイター] 米国際貿易委員会(ITC)のデビッド・ショー判事は23日、マイクロソフトMSFT.Oのゲーム機「Xbox」がモトローラ・モビリティMMI.Nの4件の特許を侵害しているとの判断を下した。

判事は今回、4件の特許侵害を認めたが、5件目は侵害を認めなかった。ITCは判事の判定を検討し、8月に最終判断を下す予定。

問題となっているのは、インターネット接続や映像圧縮技術にかかわる特許で、モトローラ・モビリティは当該商品の米国への輸入差し止めを求めていた。

マイクロソフトは、あくまで争う姿勢を示し、声明で「委員会が最終的に当社に好ましい判断を下すと引き続き確信している」と表明した。

モトローラ・モビリティは、判事の判断を歓迎。声明で「マイクロソフトは当社の特許を侵害し続けている。われわれの立場に対する自信は変わらない」とし「8月の最終決定を楽しみにしている」と表明した。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up