for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

米フェイスブックが公開株式数を25%拡大、調達額150億ドルに

[ニューヨーク/サンフランシスコ 15日 ロイター] 関係筋によると、米フェイスブックFB.Oは投資家の購入意欲が旺盛なことを背景に、新規株式公開(IPO)の規模を25%拡大する。調達額は約150億ドルとなる見通し。事情に詳しい関係筋が15日、ロイターに明らかにした。

5月15日、関係筋によると、米フェイスブックは新規株式公開(IPO)で公開する株式を8500万株増やし、約4億2200万株とする方針。10日撮影(2012年 ロイター/Lucas Jackson)

それによると、IPOで公開する株式の数を当初予定の3億3740万株から約8500万株増やし、約4億2200万株とする。

同社は先に、仮条件のレンジを従来の28─35ドルから34─38ドルへと引き上げたばかり。仮条件の中間である36ドルで計算すると、調達額は152億ドルとなる。

同社の企業価値は930億─1040億ドル程度となる。これは米ヒューレット・パッカードHPQ.Nと米デルDELL.Oの合計価値を上回り、米アマゾン・ドット・コムAMZN.Oに匹敵する水準。

フェイスブックはIPOの規模拡大に関するコメントを控えている。

グリーンクレスト・キャピタルのアナリスト、マックス・ウォルフ氏は、仮条件が引き上げられたことで、フェイスブックの株価がIPO初日に2倍に高騰する可能性は考えにくくなったと指摘し、初日の株価上昇率について10%程度との予想を示した。

また、ウェドブッシュ・セキュリティーズのアナリスト、マイケル・パッチャー氏は、フェイスブックの未公開株が流通市場で最高44ドルという金額で取引されたことに言及し、「合理的な人なら、同社株が28ドルで買えるとは思わないだろう」と述べた。

フェイスブックは17日に株式公開価格を決定し、18日にナスダック市場で新規公開する予定。

同社のIPOについては、多くの金融機関が引き受けに参加しており、米モルガン・スタンレーMS.N、米JPモルガンJPM.N、米ゴールドマン・サックスGS.Nが主幹事を務めている。

*内容を追加して再送します。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up