for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

サムスン、英CSRから携帯電話関連の技術を取得

7月17日、 チップ製造の英CSRは、携帯電話の接続および位置探査の技術を韓国のサムスン電子に3億1000万ドルの現金で売却した。6日撮影(2012年 ロイター/Lee Jae Won)

[ロンドン 17日 ロイター] チップ製造の英CSRCSR.Lは、携帯電話の接続および位置探査の技術を韓国のサムスン電子005930.KSに3億1000万ドルの現金で売却した。サムスン電子はこれで特許ポートフォリオを拡充することになる。

CSRは、音響や自動車など市場で優位に立つ分野に注力することができる。

取引は第4・四半期に完了する見込みで、取引が完了すれば、CSRは最大で2億8500万ドルの株主還元につながるとしている。

CSRによると、サムスン電子はCSRの株式4.9%を3440万ドルで取得する。1株当たりの価格は2.23ポンド。

CSRのチップは売れ行きの良いスマートフォン(多機能携帯電話)向けが少なく、ここ数年、携帯電話の分野でシェアが縮小していた。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up