for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ソフトバンク・KDDI、iPhone5は2年利用で実質ゼロ円

9月14日、ソフトバンクは、米アップルの「iPhone(アイフォーン)5」の料金体系を発表した。写真は12日、サンフランシスコで撮影(2012年 ロイター/Beck Diefenbach)

[東京 14日 ロイター] ソフトバンク9984.TとKDDI9433.Tは14日、米アップルAAPL.Oの最新スマートフォン(多機能携帯電話、スマホ)「iPhone(アイフォーン)5」の料金体系を発表した。

両社とも、端末料金は2年間の利用を条件に、16ギガバイト(GB)モデルは実質0円、32GBが1万0320円、64GBが2万0640円。同日から予約を受け付けて21日から発売する。

ソフトバンクは、アイフォーン5の発売を前に、15日から現行の「アイフォーン4S」の端末価格を値下げする。2年利用で、16GBモデルはゼロ円で変更はないが、32GBを5760円(従来1万1520円)に、64GBを1万0560円(同2万1120円)に引き下げる。

KDDIのアイフォーン5は、パソコンや他のモバイル端末にインターネット接続できる「テザリング」に対応する。現行アイフォーンの「4S」の価格(2年利用で16GBが実質ゼロ円、32GBが1万0320円、64GBが2万0640円)を引き継いだ。

<LTEの月額料金、5985円が基本>

ソフトバンク・KDDIともアイフォーンの発売にあわせて、21日から高速通信「LTE」を導入する。両社とも、データ通信料の月額は5985円で、利用上限は7GBを基本にするが、いずれも当初は特別料金を導入することで足並みが揃った。

ソフトバンクは、LTEのデータ通信料を当面の間、月額5460円で利用上限を撤廃する。

KDDIも、LTEのデータ通信料を最大2年間は月額5460円で利用できることとしたが、テザリングが利用できることを背景に、上限7GBのままとした。ただ、テザリング利用料は基本は月525円だが、最大2年間は無料にする。

*内容を追加して再送します。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up