for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ソニーに電池事業の売却を提案、複数の投資銀行が接触=関係筋

11月28日、複数の投資銀行がソニーに対し、リストラの一環として電池事業の売却を提案していることが明らかになった。写真は都内で15日撮影(2012年 ロイター/Toru Hanai)

[東京 28日 ロイター] 複数の投資銀行がソニー6758.Tに対し、リストラの一環として電池事業の売却を提案していることが明らかになった。関係者によると、買い手候補には台湾の鴻海精密工業2317.TWや中国のBYD1211.HK002594.SZなど複数の海外企業が挙がっている。

ソニーの電池事業の人員は約2700人、2011年度の売上高は1425億円。損益は開示していないが、韓国メーカーなどとの激しい競争にさらされている。「ソニーにとって電池事業は維持している意味が最もない事業の典型例。売るのが賢明」と、投資銀行の関係者は言う。

ソニーの平井一夫社長は今年4月の経営方針説明会で、「車載用バッテリーと蓄電バッテリーについては、第三者とのアライアンスも検討する」と発言していた。ソニーの広報担当者はロイターの取材に対し、コメントを差し控えるとしている。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up