for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

米グーグル、ロンドンの再開発地域に新社屋を建設へ

1月17日、米検索エンジン大手グーグルがロンドンに新社屋を建設しようとしている。ソウルで昨年3月撮影(2013年 ロイター/Truth Leem)

[ロンドン 17日 ロイター] 米検索エンジン大手グーグルGOOG.Oがロンドンに新社屋を建設しようとしている。完成時点で10億ポンド(16億ドル)相当の規模になる可能性がある。

この件を担当する不動産業者によると、グーグルは、ロンドン最大級の再開発プロジェクトの対象地域となっているキングズクロスセンターに、2.4エーカーの土地を購入。そこに100万平方フィートのオフィスを建設するという。ただ同業者は、購入金額は明らかにしなかった。

この件に詳しい別の筋によると、グーグルは同物件に関する購入・開発に6億5000万ポンドを投資している。別の筋は、2016年の完成時に同物件の価値が10億ポンドに達するとの見通しを示した。

グーグルの北部および中部欧州担当バイスプレジデント、マット・ブリティン氏は声明で「これは、グーグルによる大規模な投資となる。われわれは、コンピューティングやウェブが発明された英国に、さらにコミットしていく。これは、グーグルにとっても、ロンドンにとっても、英国にとっても良いニュースだ」と述べた。

2013年終盤に着工。2016年の完成時には、同社は現在拠点としているビクトリアおよびホルボーン地区から新社屋に移転する予定。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up