for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

サムスン株下げ幅拡大、アップルとの特許紛争めぐるITC判断控え

8月7日、ソウル株式市場でサムスン電子の下げ幅が拡大している。写真は昨年8月、ベルリンで撮影(2013年 ロイター/Tobias Schwarz)

[ソウル 7日 ロイター] - 7日のソウル株式市場で、サムスン電子005930.KSの下げ幅が拡大している。米国際貿易委員会(ITC)は9日、サムスン電子製の携帯電話やタブレット型端末の一部が米アップルAAPL.Oの特許を侵害しているかが争われている特許紛争で、判断を示す予定。

判断内容によっては、サムスン製品の米国への輸出が禁止される恐れもある。

0207GMT(日本時間午前11時07分)までに、サムスン電子株は2%強安の122万8000ウォン(1100ドル)。

米通商代表部(USTR)は3日、アップルがサムスン電子の一部特許を侵害したとして、米ITCが6月に下したアップル製品の輸入・販売を禁止する排除命令を拒否する決定を下した。これを受け、サムスン電子株は前日までに2営業日続落している。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up