for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

KKRのテレコム・イタリア買収交渉難航、財務情報開示巡り対立

 米プライベートエクイティ(PE)大手KKRがイタリアの通信大手テレコム・イタリア(TIM)に正式に買収提案する可能性が低下している。写真はTIMのロゴ。ローマで2021年11月撮影(2022年 ロイター/Yara Nardi)

[ミラノ 5日 ロイター] - 米プライベートエクイティ(PE)大手KKRがイタリアの通信大手テレコム・イタリア(TIM)に正式に買収提案する可能性が低下している。テレコム・イタリアの財務情報開示を巡り、双方が対立しているためだ。

KKRは、TIMへのデューデリジェンスで財務内容を精査しないと買収提案を確認できないと表明。これに対しTIMは、KKRが正式提案しないと財務情報を開示できないとしている。

バンカ・アクロスのアナリストは、合意の可能性は非常に低いとの見方を示した。

KKRと合意できなくてもTIMは事業再構築計画の下で新たな提携先を見つけることができる。スピンオフする可能性があるTIMの事業への出資を欧州PEのCVCがすでに打診している。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up