for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

テレコム・イタリア株急騰、米KKRが120億ドルで買収提示

 11月22日、イタリアの通信大手テレコム・イタリア(TIM)の株価が一時30%急騰。同社は米投資会社KKRから108億ユーロ(120億ドル)での買収を提示されていると明らかにした。写真はビルに映し出された会社のロゴ。ローマで2016年4月撮影(2021年 ロイター/Alessandro Bianchi)

[ミラノ 22日 ロイター] - イタリアの通信大手テレコム・イタリア(TIM)の株価が22日の取引で一時30%急騰した。

同社は21日、米投資会社KKRから108億ユーロ(120億ドル)での買収を提示されていると明らかにした。KKRはTIMを非公開化する方針という。

株価の急騰を受け、TIM株は売買停止となった。

買収提案は拘束力がなく、イタリア政府の支持が得られることを条件にしている。4週間にわたるデューデリジェンス(資産査定)の結果も踏まえる。

KKRが提示した買収額は1株当たり0.505ユーロで、19日のTIM株価終値に45.7%のプレミアムを乗せた水準。

筆頭株主の仏ビベンディは、TIM株の24%を1株当たり平均1.07ユーロで取得しており、計画通りに買収が実現すれば多額の損失を被ることになる。

関係筋によると、ビベンディはKKRの買収提案がTIMの企業価値を適切に評価していないと認識。TIMの取締役会は買収提案に対する見解を明らかにしていない。

HSBCはリポートで「正式な買収提案に至る道筋は明確ではない可能性があり、迅速に事が進まない可能性もあるが、買収計画は明快で信頼が置けるものだ。利害関係者からの反応があるだろう」とし、TIM株の投資判断を「バイ」に引き上げた。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up