October 28, 2016 / 2:57 AM / in 3 years

スペインのテレフォニカ、7-9月業績は予想超え 債務削減へ減配

 10月27日、スペイン通信大手テレフォニカは、第3・四半期決算を発表するとともに、9月末時点で500億ユーロ(546億4000万ドル)に上る債務の返済ペースを速めるため、配当を減額する方針を明らかにした。写真は同社。マドリードで昨年2月撮影(2016年 ロイター/Juan Medina)

[マドリード 27日 ロイター] - スペイン通信大手テレフォニカ(TEF.MC)は27日、第3・四半期決算を発表するとともに、9月末時点で500億ユーロ(546億4000万ドル)に上る債務の返済ペースを速めるため、配当を減額する方針を明らかにした。

第3・四半期売上高は130億8000万ユーロとなり、ロイターがまとめたアナリスト予想の130億7000万ユーロをやや上回った。

利払い・税・償却前利益(EBITDA)は42億ユーロ。こちらも予想の40億7000万ユーロを上回った。

テレフォニカは傘下の英携帯通信事業者O2を103億ポンド(126億2000万ドル)で香港の複合企業、長江和記実業(CKハチソン・ホールディングス)(0001.HK)に売却することで合意していたが、欧州委員会が5月にこれを差し止めた。テレフォニカはその後、2017年初めまでにO2の上場か株式売却を行う計画を明らかにした。

一方、格付け会社ムーディーズ・インベスターズ・サービスは5月、テレフォニカについて、債務削減に向けた明確な進展がない場合は信用格付けを「Baa2」から引き下げる可能性があると警告していた。

テレフォニカは27日、投資適格級格付けの維持を目指すとともに、不適切な時期での事業売却は強行せず、事業で得た利益を債務返済に充てると発表した。

16年にはO2を上場させず、市場環境が適切なら17年に上場させるとした。

テレフォニカは当初、16年の配当を1株当たり0.75ユーロとしていたが、これを同0.55ユーロに減額、17年については同0.40ユーロに減額する。

同社によると、減配により、約19億ユーロが節減でき、配当性向はフリーキャッシュフローの90%超から50%程度に低下する。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below