December 4, 2018 / 12:33 AM / 13 days ago

中国テンセント・ミュージック、米上場で最大12億ドル調達目指す

[香港/ニューヨーク 3日 ロイター] - 中国のインターネット大手、騰訊控股(テンセント・ホールディングス)(0700.HK)傘下の音楽配信大手テンセント・ミュージック・エンターテインメントは3日、米国での新規株式公開(IPO)手続きを開始した。最大12億ドルの調達を目指す。

 12月3日、中国のインターネット大手、騰訊控股(テンセント・ホールディングス)傘下の音楽配信大手テンセント・ミュージック・エンターテインメントは3日、米国での新規株式公開(IPO)手続きを開始した。最大12億ドルの調達を目指す。写真は浙江省烏鎮で昨年12月撮影(2018年 ロイター/Aly Song)

米証券取引委員会(SEC)に提出した申請書類によると、同社はニューヨーク証券取引所への上場を計画し、10億7000万─12億3000万ドルの調達を目指している。

同社は10月にIPOを実施する計画だったが、市場環境の悪化を受けて計画を延期していた。

トランプ米大統領と習近平・中国国家主席は今月1日に行った首脳会談で、追加関税を90日間見送り、貿易戦争を悪化させないことで合意。これを受けて米中両国間の貿易を巡る緊張が和らぐとの見方が広がり、3日のアジア株式市場は大幅に上昇した。

申請書類によると、テンセント・ミュージックは8200万米国預託証券(ADR)を1ADR当たり13─15ドルで公開する計画。オーバーアロットメントオプションを行使する場合は追加で1230万株を売却する可能性がある。

資金調達目標については、20億ドルとの見方がこれまでにあったが、同社はこの数字を確認していない。

事情に詳しい関係筋によると、テンセント・ミュージックが年内の上場にこだわるのは、新たな資金が早急に必要なためではなく、米中貿易摩擦が悪化することを懸念しているからだという。

調達額が実際に12億3000万ドルとなった場合、中国企業による今年の米国市場でのIPOとしては、3月の動画配信iQiyi(愛奇芸)(IQ.O)による24億ドル、7月の電子商取引サイト運営のピン多多(ピンドォドォ)(PDD.O)による16億ドルに次ぐ規模となる。

リフィニティブのデータによると、中国企業による今年の米国でのIPOによる調達額はこれまでのところ78億ドルと、2014年以来の規模に上っている。

テンセント・ミュージックは音楽配信アプリ「QQ音楽」、「酷狗」、「酷我」やカラオケアプリ「全民K歌(We Sing)」を手掛ける。月間アクティブユーザーは8億人を超える。

関係筋によると、同社が目指す企業価値は220億─250億ドルで、これは4月にニューヨークに上場したスウェーデンの音楽配信大手スポティファイ(SPOT.N)に匹敵する規模。テンセント・ミュージックはスポティファイと資本関係がある。

テンセントの1─9月期の利益は前年同期比244%増の3億9400万ドルだった。関係筋によると、同社は4日に財務諸表を一般公開し、12日に上場する見通し。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below