May 12, 2020 / 6:03 AM / 25 days ago

中国テンセント・ミュージック、1-3月売上は予想届かず 回復の兆しも

[12日 ロイター] - 中国の音楽配信会社テンセント・ミュージック・エンターテインメント・グループ(TME.N)の第1・四半期決算は、売上高が約10%増えたものの、アナリスト予想にわずかに届かなかった。

 5月12日、中国の音楽配信会社テンセント・ミュージック・エンターテインメント・グループの第1・四半期決算は、売上高が約10%増えたものの、アナリスト予想にわずかに届かなかった。写真はニューヨークで2018年12月撮影(2020年 ロイター/Bryan R Smith)

中国で人気のオンラインカラオケなどのソーシャル・エンターテインメント・サービス事業が新型コロナウイルス流行の打撃を受けた。

オーバーナイトの時間外取引で同社の株価は4.5%下落した。

第1・四半期売上高は約10%増の63億1000万元(8億8900万ドル)で、リフィニティブのアナリスト予想の63億3000万元をやや下回った。

オンラインカラオケやライブ配信などのソーシャル・エンターテインメント・サービスの1ユーザー当たりの月間売上高平均は13%減。一方、同サービスの有料ユーザー数は18.5%増の1280万人となった。

中国のネットサービス大手、騰訊控股(テンセント・ホールディングス)(0700.HK)の傘下にあるテンセント・ミュージックは、収益の大半を定額制音楽配信で稼ぐスポティファイ・テクノロジー(SPOT.N)などの同業と異なり、売り上げの4分の3近くをソーシャル・エンターテインメント・サービスが占める。

テンセント・ミュージックのトニー・イップ最高戦略責任者は12日の会見で、人々が徐々に仕事に戻り、余暇の時間が減るにつれて月間平均ユーザー数は通常の値に戻る可能性がある中でも、第2・四半期の業績は上向いていると説明。「最悪期は過ぎたと確信しており、第2・四半期の成長回復を見込んでいる」と語った。

リフィニティブのデータによると、アナリスト予想では第2・四半期に8.5%の増収が見込まれている。

第1・四半期のオンライン音楽配信サービスの有料ユーザー数は50.4%増の4270万人だった。

一時項目を除く1米国預託株式(ADS)当たり利益は0.66元で、アナリスト予想の0.63元を上回った。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below