November 14, 2018 / 5:07 PM / a month ago

中国テンセント、7ー9月期は3割増益 中核のゲーム事業は精彩欠く

 11月14日、中国インターネットサービス大手の騰訊控股(テンセント・ホールディングス)が発表した第3・四半期決算(7─9月)は、純利益が30%増加し、市場予想を上回った。四川省で成都で昨年12月撮影(2018年 ロイター)

[香港 14日 ロイター] - 中国インターネットサービス大手の騰訊控股(テンセント・ホールディングス)(0700.HK)が発表した第3・四半期決算(7─9月)は、純利益が30%増加し、市場予想を上回った。中核のゲーム事業が精彩を欠く中、投資利益が業績の下支えとなった。

純利益は233億元。リフィニティブがまとめたアナリスト15人の予想平均は193億2000万元。

売上高は24%増の806億元(115億9000万ドル)。市場予想と一致したものの、過去約3年間で最も低い伸びにとどまった。

世界最大のゲーム市場である中国では、青少年のゲーム依存が社会問題となる中、政府が新作ゲームの認可を停止するなどゲーム規制の強化に乗り出している。こうした流れを受け、テンセントの前四半期決算は13年ぶりの減益となった。

テンセント株は昨年2倍超値上がりしたものの、今年に入ってからは約3分の1値下がりし、時価総額で1650億ドル相当が吹き飛んだ。

第3・四半期のモバイルゲームの売上高は前年比7%増の195億元。前四半期比では11%増加した。一方、パソコンゲームの売上高は前年比15%減少。前年同期の発射台が高かったことや、利用者のモバイルゲームへの移行継続が響いた。売り上げ全体の2割を占める広告収入は47%増加した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below