Reuters logo
UPDATE 1-中国テンセント、コンテンツ投資拡大へ 第3四半期は69%増益
November 16, 2017 / 12:05 AM / in a month

UPDATE 1-中国テンセント、コンテンツ投資拡大へ 第3四半期は69%増益

(内容を追加しました)

[香港 15日 ロイター] - 中国ネットサービス大手の騰訊控股(テンセント・ホールディングス)は15日夜の決算会見で、デジタルコンテンツ事業への投資を増やす方針を明らかにした。プロダクトの統合を進め、有料顧客による利用増を目指す。

同社が発表した第3・四半期決算は、純利益が69%増で予想を上回った。スマートフォン向けゲーム収入が拡大した。

同社製メッセージングアプリ、「微信(ウィーチャット)」のグローバル月間アクティブユーザー数は9億8000万人で、1日の送信件数は380億件に上った。

劉熾平社長によると、動画配信「テンセント・ビデオ」の有料視聴者は国内で4300万人に増加した。独自のコンテンツ製作や、他社のIP(知的財産)購入を通じてオンライン動画に投資するという。

同社は最近、複数の子会社を香港や米国市場に上場させており、オンライン出版・電子書籍の閲文集団(チャイナ・リテラチャー)の今月の上場では11億米ドルの資金を調達した。ただ、同社のケースが「基準」ではないと説明。劉社長は「そのうち投資先の会社が成熟し、上場する機会が増えるだろう」とした上で、「当社事業の大半は、互いを強化するため、同じ会社にとどまるべき理由の方が多い」と述べた。

香港証券取引所への提出書面によると、純利益は180億元(27億2000万ドル)。トムソン・ロイターによるアナリスト6人の予想平均は151億8000万元だった。

収入は61%増の650億元で、予想の607億8000万元を上回った。

メッセージングアプリ微信(ウィーチャット)のグローバル月間アクティブユーザー数は9億8000万人で、前期の9億6300万人から増加した。

スマホゲームの収入は84%増の182億元だった。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below