May 7, 2020 / 4:21 AM / 23 days ago

テニス=全米女王アンドレースク、世界ランク1位への思い語る

 女子テニスで昨年の四大大会最終戦、全米OPを制したビアンカ・アンドレースクは、新型コロナウイルスの感染拡大を受けて世界中にロックダウン政策が広がる中、世界ランキング1位への強い思いを持っている。2019年10月に中国の深センで撮影(2020年 ロイター/Aly Song)

[ムンバイ 6日 ロイター] - 女子テニスで昨年の四大大会最終戦、全米オープン(OP)を制したビアンカ・アンドレースク(カナダ)は、新型コロナウイルスの感染拡大を受けて世界中にロックダウン(都市封鎖)政策が広がる中、世界ランキング1位への強い思いを持っている。

現在は世界ランキング6位のアンドレースクは昨年、BNPパリバ・オープンでWTAツアーの初優勝を飾ると、全米OPで四大大会の初優勝を果たした。しかし、昨年10月のWTAファイナルでひざを負傷したことで、ランキングの上昇はストップした。

来月20歳になるアンドレースクは、衛星放送ユーロスポーツのポッドキャストに対し、「今はワークアウトだけをしている」とコメント。さらに「トロントでは公園も閉鎖されていて厳しい状況。テニスやバスケットボールどころか、ベンチにも座れない。でも、できるだけのことをしている」とした。

その上で「今後はどうなるか分からないけど、最善を尽くす」とした上で、「本当に世界ランキング1位になりたい」と話した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below