for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

テニス=仏スポーツ相、全仏OP延期の可能性を示唆

 フランスのマラシネアヌ・スポーツ相は3日、新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、テニスの四大大会の1つである全仏OPをことしも延期する可能性があると述べた。写真は昨年大会で男子シングルスを制したラファエル・ナダル。パリで2020年10月撮影(2021年 ロイター/Gonzalo Fuentes)

[パリ 4日 ロイター] - フランスのマラシネアヌ・スポーツ相は3日、新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、テニスの四大大会の1つである全仏オープン(OP)をことしも延期する可能性があると述べた。

昨年の全仏OPはパンデミック(世界的大流行)の影響で4カ月遅れで開幕し、観客数も制限されたなかで実施された。

ことしの全仏OPは5月23日開幕予定となっているが、フランスでは新型コロナウイルスの感染拡大防止措置として、3日から全土で3回目のロックダウン(都市封鎖)が始まった。マクロン大統領は先月31日に、5月半ばまでロックダウンを継続する見込みと発表していた。

スポーツ相は、国営ニュースラジオ局「フランス・アンフォ」で全仏OPの日程について、「すべてのスポーツ、主要イベントの再開に合わせて日程を変更すべきかどうか、(主催者のフランステニス連盟と)話し合っている」と述べた。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up