for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

テニス=ケルン選手権、西岡はストレート負けで準々決勝敗退

[23日 ロイター] - テニスのケルン選手権は23日、男子シングルス準々決勝を行い、西岡良仁は第5シードのフェリックス・オジェアリアシム(カナダ)に3─6、4─6のストレート負けを喫した。

第1シードのアレクサンダー・ズベレフ(ドイツ)は、第8シードのアドリアン・マナリノ(フランス)を6─4、6─7、6─4で下し、準決勝進出。第2シードのディエゴ・シュウォーツマン(アルゼンチン)とワイルドカードのヤニック・シナー(イタリア)も勝ち上がった。

男子ダブルス準決勝では、マクラクラン勉、レイベン・クラッセン(南アフリカ)組がオーストラリアのペアに7─5、6─4のストレート勝ちで決勝に駒を進めた。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up