May 29, 2019 / 12:54 AM / 3 months ago

テニス=全仏、大坂が逆転勝利で初戦突破 奈良も2回戦進出

 5月28日、テニスの四大大会第2戦、全仏オープンはパリのローランギャロスで女子シングルス1回戦を行い、四大大会3連覇を狙う世界ランク1位で第1シードの大坂なおみ(写真)は同90位のアンナ・シュミエドロバを0─6、7─6、6─1で下し、2回戦に進んだ(2019年 ロイター/Kai Pfaffenbach)

[パリ 28日 ロイター] - テニスの四大大会第2戦、全仏オープンは28日、パリのローランギャロスで女子シングルス1回戦を行い、四大大会3連覇を狙う世界ランク1位で第1シードの大坂なおみは同90位のアンナ・シュミエドロバ(スロバキア)を0─6、7─6、6─1で下し、2回戦に進んだ。

大坂は雨と風に苦しみ、第1セットを1ゲームも取れずに落とすと、第2セットでは2回のサービング・フォー・ザ・マッチを迎えるピンチを迎えたが、そこから盛り返して逆転勝利した。

奈良くるみはダリラ・ヤクポビッチ(スロベニア)を下した。2回戦では第10シードのセリーナ・ウィリアムズ(米国)と戦う。

元世界ランク1位のビクトリア・アザレンカ(ベラルーシ)は2017年大会優勝のエレナ・オスタペンコ(ラトビア)を下した。2回戦では大坂と対戦する。

ディフェンディングチャンピオンで第3シードのシモナ・ハレプ(ルーマニア)はアイラ・トムリャノビッチ(オーストラリア)に勝利した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below