for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

テニス=ATPファイナル、ジョコビッチが準決勝進出

 男子テニスの年間成績上位8人で争われるツアー最終戦、日東電工ATPファイナルのシングルスラウンドロビン、世界ランク1位で第1シードのノバク・ジョコビッチが準決勝進出を決めた(2020年 ロイター/Toby Melville)

[ロンドン 20日 ロイター] - 男子テニスの年間成績上位8人で争われるツアー最終戦、日東電工ATPファイナルは20日、ロンドンでシングルスのラウンドロビンを行い、世界ランク1位で第1シードのノバク・ジョコビッチ(セルビア)が準決勝進出を決めた。

ジョコビッチは第5シードのアレクサンダー・ズベレフ(ドイツ)に6─3、7─6のストレート勝ちを収めた。

もう1試合では、すでに4強入りを決めていた第4シードのダニル・メドベージェフ(ロシア)が第8シードのディエゴ・シュウォーツマン(アルゼンチン)を6─3、6─3で退け、3戦全勝。

準決勝では、ジョコビッチは第3シードで全米王者のドミニク・ティエム(オーストリア)と、メドベージェフは世界ランク2位で第2シードのラファエル・ナダル(スペイン)と対戦する。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up