December 21, 2018 / 1:35 AM / 6 months ago

テニス=錦織、2018シーズンはブレーク直後にサービスキープ率が急上昇

 12月20日、男子テニスの錦織圭は、2018シーズンでブレーク直後のサービスキープ率が平均サービスキープ率を5.9ポイント上回り、上昇幅は世界ランク10位以内の選手でトップだった。男子テニスのツアーを統括するATPが20日発表したデータで分かった。ロンドンで11月撮影(2018年 ロイター)

[20日 ロイター] - 男子テニスの錦織圭は、2018シーズンでブレーク直後のサービスキープ率が平均サービスキープ率を5.9ポイント上回り、上昇幅は世界ランク10位以内の選手でトップだった。

男子テニスのツアーを統括するATPが20日発表したデータで分かった。

これによると、錦織は平均サービスキープ率が81.4パーセントで、世界ランクトップ10のうち最下位。しかし、ブレーク直後のゲームに限定すると87.3パーセントとなり、5.9ポイントという上昇幅は世界ランク1位のノバク・ジョコビッチ(セルビア)や同2位のラファエル・ナダル(スペイン)を上回った。

なお、平均サービスキープ率トップはジョン・イスナー(米国)で93.6パーセント、ブレーク直後のサービスキープ率でもイスナーの96.0パーセントが最も高い数値だった。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below