for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

テニス=全豪男子、ジョコビッチ8強入り ティエムは敗退

 テニスの四大大会初戦、全豪オープン男子シングルス4回戦、第1シードで世界ランク1位のノバク・ジョコビッチ(写真)は第14シードのミロシュ・ラオニッチをセットカウント3─1で下し、準々決勝に進んだ(2021年 ロイター/Asanka Brendon Ratnayake)

[メルボルン 14日 ロイター] - テニスの四大大会初戦、全豪オープンは14日、メルボルンで男子シングルス4回戦を行い、第1シードで世界ランク1位のノバク・ジョコビッチ(セルビア)は第14シードのミロシュ・ラオニッチ(カナダ)をセットカウント3─1で下し、準々決勝に進んだ。

12日の3回戦で右わき腹を負傷したジョコビッチは鎮痛剤を使用してプレーし、第1セットは7─6で制した。第2セットを4─6で落としたものの、その後は6─1、6─4で勝利した。

第3シードのドミニク・ティエム(オーストリア)はグリゴル・ディミトロフ(ブルガリア)に4─6、4─6、0─6のストレート負け。第6シードのアレクサンダー・ズベレフ(ドイツ)は3セット連取で勝ち上がった。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up