for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

テニス=ジョコビッチ全豪OP出場できず、ビザ取り消し支持の判決

オーストラリアの裁判所は16日、男子テニス世界ランク1位、ノバク・ジョコビッチ(セルビア)の査証(ビザ)を再び取り消した政府の決定を支持する判断を示した。出廷のため滞在しているホテルを出るジョコビッチ。(2022年 ロイター/Loren Elliott)

[シドニー/メルボルン 16日 ロイター] - オーストラリアの裁判所は16日、男子テニス世界ランク1位、ノバク・ジョコビッチ(セルビア)の査証(ビザ)を再び取り消した政府の決定を支持する判断を示した。17日開幕の全豪オープンに出場できなくなる。

ジョコビッチは声明で「極めて失望」していると表明したが、判決を尊重し、出国に関連して当局に協力する方針を示した。

ジョコビッチは新型コロナウイルスワクチン接種の要件を満たしていないとの理由で、オーストラリアに入国できず、ビザ(査証)は無効とされたが、裁判所がこれを覆す判断を示した。しかし政府が再びビザを無効としたため、ジョコビッチが再度異議を申し立てていた。

拘留施設に入っていたジョコビッチは16日、オンラインで審理に出席。ジョコビッチの代理人は、世界各地の主要トーナメントで昨年、ジョコビッチが抗議活動などを引き起こすことなくプレーしたと説明。ジョコビッチ氏のトーナメントへの参加が、ワクチン反対運動を煽るという意見について、それを裏付ける証拠が必要だが、ビザ取り消しを決定したホーク移民相は根拠を示していないと指摘した。またジョコビッチを出場できなくすれば、ワクチン反対運動や抗議活動が一段と過熱する可能性があると述べた。

一方、政府側は、ジョコビッチのワクチン接種反対姿勢は、対外的な発言だけでなく、ワクチン接種が広く実施されるようになっても受けていないことで分かると指摘。ビザ取り消しは、それに反対する人々による「混乱」を引き起こす可能性があると認めながらも、著名アスリートであるジョコビッチの姿勢や行動は、ワクチン反対派以外の人も感染防止のための指針を軽視させる可能性があると主張した。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up