for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

テニス=フェデラーが全豪OP決勝進出、鄭現は途中棄権

 1月26日、テニスの四大大会の第1戦、全豪オープンの男子シングルス準決勝、第2シードのロジャー・フェデラー(左)は世界58位の鄭現(右)と対戦。鄭が途中棄権し、勝利を収めた(2018年 ロイター/Edgar Su)

[メルボルン 26日 ロイター] - テニスの四大大会の第1戦、全豪オープンは26日、男子シングルス準決勝を行い、第2シードのロジャー・フェデラー(スイス)は世界58位の鄭現(韓国)と対戦。6─1、5─2とリードしたところで相手が途中棄権し、勝利を収めた。

フェデラーは試合後、早く試合が終わったのはありがたいとし、決勝進出を果たせたことはうれしいとコメント。「相手は明らかに動くのがつらそうだった。回復を願っている」と、棄権した鄭現を思いやった。

鄭現は代理人と共に会見に現れ、代理人は負傷について「過去数日でマメの下にまたマメができていた。治療をし痛み止めも打ったが効かなかった」と説明した。

決勝でフェデラーは第6シードのマリン・チリッチ(クロアチア)と対戦する。両者は過去9回対戦し、フェデラーは1回しか負けていない。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up