for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

テニス=91年殿堂入りのクーパー氏が83歳で死去

 テニスの男子シングルスで1950年代に計4回の四大大会優勝を飾るなどの活躍を見せたアシュリー・クーパー氏(右)が22日、長い闘病生活の末に亡くなった。83歳だった。メルボルンで2018年1月撮影(2020年 ロイター/Issei Kato)

[メルボルン 22日 ロイター] - テニスの男子シングルスで1950年代に計4回の四大大会優勝を飾るなどの活躍を見せたアシュリー・クーパー氏(オーストラリア)が22日、長い闘病生活の末に亡くなった。83歳だった。

クーパー氏は1957年の全豪選手権(現全豪オープン)で四大大会初優勝を飾ると、翌年に全豪選手権、ウィンブルドン選手権、全米選手権(現全米オープン)を制した。同氏はダブルスでも四大大会で計4勝を記録。57年デビス・カップではオーストラリアの優勝に貢献した。

同氏はわずか11人しかいない四大大会の男子シングルスで年間3勝を記録したうちの一人で、1991年には国際テニス殿堂入りを果たした。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up