for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

テニス=ベッカー氏、大坂のキャリア憂慮 メンタルで「対処必要」

 男子テニスで四大大会6回制覇のボリス・ベッカー氏(写真)が、全仏オープンを棄権してうつを告白した大坂なおみについて、精神的な問題でキャリアが危機にひんする可能性を懸念した。ドイツのハンブルクで2020年9月撮影(2021年 ロイター/Cathrin Mueller)

[パリ 1日 ロイター] - 男子テニスで四大大会6回制覇のボリス・ベッカー氏(ドイツ)が、全仏オープンを棄権してうつを告白した大坂なおみについて、精神的な問題でキャリアが危機にひんする恐れがあると懸念した。

大坂は今回の全仏オープン参加に当たり、精神的な負担を理由に試合後の記者会見に応じないと表明。その後この問題が大きく取り沙汰されると、自身の言動が大会の妨げになってはならないとして大会を棄権。さらに「本当のところ、私は18年の全米オープン以降、長い間うつ病を患っており、それに対処するのがとても大変だった」と以前から精神的に苦しんでいたことを明かした。

こうした状況について、ベッカー氏はユーロスポーツで「彼女は試合で敗れた後にメディアと向き合うプレッシャーに対応できなかったようだが、それは頻繁に起こることで、対処する必要がある」とし、トップレベルのアスリート生活の一部であることに対応できないのは大きな問題と懸念。

「パリでメディアに対応できないということは、ウィンブルドンや全米オープンでも対応できないということ。そのため、彼女のキャリアがメンタルヘルスの問題により危険にさらされているように感じる」と今後を憂慮した。

ベッカー氏自身も現役時代に記者会見が続くことにうんざりしていたと理解を示す一方で、「メディアは仕事の一部だと常に考えていた。メディアがなければ賞金も契約もなく、半分の利益も得られない。私もメディア嫌いで記者と話すのは好きではなかったが、それでもやらなければならなかった」との見解を示した。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up