for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

テニス=引退表明のフェデラー「テニス界のゴーストにならない」

 男子テニスのロジャー・フェデラーは今週末に輝かしいキャリアに幕を下ろすが、テニス界から離れることはないと話した。7月にロンドンで撮影(2022年 ロイター/Hannah Mckay)

[ロンドン 21日 ロイター] - 男子テニスのロジャー・フェデラー(スイス)は今週末に輝かしいキャリアに幕を下ろすが、テニス界から離れることはないと話した。

ウィンブルドン選手権で史上最多8回優勝のフェデラーは、ATPファイナルを2回優勝したロンドンのO2アリーナで会見し、感情的になりながらも今後の身の振り方について説明。かつての名選手ビヨルン・ボルグ(スウェーデン)が長年ファンの前から姿を消したような「ゴースト」にはならないと話した。

「私はあまりにも長い間、この競技に携わってきた。あまりにも多くのことに恋に落ちてしまった。また会える。どのような立場かは分からないが。まだ少し考えないといけないし、時間を置かないといけない」と話した。

また右膝の手術をすることを避けたかったというフェデラーは、「ある時点で、『ここは交差点だ、道を選ばないといけない、どちらだろうか』となる。そこで危険を冒す方向に進みたくなかった。その後につらいのは、これで終わりだと悟ったときだ」と、引退を決断した過程についても話した。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up