for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

テニス=フェデラー、東京五輪出場へ意欲 2大会ぶり出場に

男子テニスで四大大会最多タイ記録の優勝20回を誇るロジャー・フェデラーは、東京五輪で2大会ぶりの五輪出場を目指している。南アフリカのケープタウンで2020年2月撮影(2021年 ロイター/Mike Hutchings)

[9日 ロイター] - 男子テニスで四大大会最多タイ記録の優勝20回を誇るロジャー・フェデラー(39、スイス)は、東京五輪で2大会ぶりの五輪出場を目指している。

フェデラーは2008年大会のダブルスで金メダルを獲得し、12年大会ではシングルスで銀メダルを獲得。前回の16年大会はけがにより不参加だった。

フェデラーはbeIN Sportsに対し、「五輪は私にとって大きな目標。残念ながら、リオ五輪(16年)は左膝の故障により出られなかった。東京五輪で復帰できればいい」と語った。

昨年、膝の手術を2回受けたフェデラーは全豪オープン準決勝でノバク・ジョコビッチ(セルビア)に敗れて以来、13カ月にわたり公式戦から遠ざかっていたが、今月にカタール・オープンのシングルス2回戦で復帰する予定となっている。

これを受け、フェデラーは「五輪参加は計画の一部だが、今はウィンブルドン選手権までの過程に集中している。コンディションが完全に戻り、膝に関して聞かれなくなることを願っている」と述べた。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up