for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

テニス=全仏オープン予選、6選手が新型コロナ懸念で棄権に

 テニスの全仏オープンは、選手6人が新型コロナウイルスを巡る懸念から、予選ラウンドを棄権となったと明かした。写真はローランギャロスのロゴ。パリで2012年6月撮影(2020年 ロイター/Benoit Tessier)

[21日 ロイター] - テニスの全仏オープンは21日、選手6人が新型コロナウイルスを巡る懸念から、予選ラウンドを棄権となったと明かした。

当初は選手2人とコーチ1人が新型コロナウイルスに陽性反応を示し、このコーチと濃厚接触のあった3人が棄権となっていた。その後、新たに女子選手1人の陽性が判明し、棄権となったという。

予選は21日に開幕。本戦は27日に始まる予定。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up