June 11, 2018 / 1:00 AM / 2 months ago

テニス=全仏OP、ナダルが11回目の優勝

[パリ 10日 ロイター] - テニスの四大大会の第2戦、全仏オープンは10日、パリのローランギャロスで男子シングルス決勝を行い、ラファエル・ナダル(32、スペイン)がドミニク・ティエム(24、オーストリア)を6─4、6─3、6─2のストレートで下し、同大会11回目の優勝を飾った。

 6月10日、テニスの四大大会の第2戦、全仏オープンの男子シングルス決勝、ラファエル・ナダル(写真)がドミニク・ティエムを6─4、6─3、6─2のストレートで下し、同大会11回目の優勝を飾った(2018年 ロイター/Pascal Rossignol)

試合序盤に左前腕部のけいれんでマッサージを受けるアクシデントがあったものの、圧勝したナダル。その時の心境を「手も指も動かせなくなり、不安だった」と振り返り、「素晴らしい。なんと言葉にすれば良いか分からない。11回の優勝なんて不可能だと思っていたので、夢にも思わなかった」と語った。

敗れたティエムは「あなたのしたこと、そしてやっていることは、スポーツにおいて、ひとりのアスリートが達成できる最も優れたことだ」と相手を称賛した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below