for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

テニス=22年は殿堂入りなし、創設以来初めて

 国際テニス殿堂は11日、2022年に殿堂入りする人物はいないと発表した。1955年に第1回の表彰がされてから今回が史上初めて。写真左は候補の1人であるアナ・イバノビッチ。ベルリンで2020年1月撮影(2022年 ロイター/Annegret Hilse)

[11日 ロイター] - 国際テニス殿堂は11日、2022年に殿堂入りする人物はいないと発表した。1955年に第1回の表彰がされてから今回が史上初めて。

アナ・イバノビッチ氏(セルビア)、フラビア・ペンネッタ氏(イタリア)、カルロス・モヤ氏、フアンカルロス・フェレーロ氏(ともにスペイン)など6人が候補となっていたが、いずれも十分な支持を得られなかった。

殿堂入りには、メディア、すでに殿堂入りした人物、専門家などで構成される公式グループの投票と、ファン投票によるボーナスポイントの合計で75%以上の賛成票を得る必要がある。

なお、選出されなかった場合でも最大3年間は候補者としての資格を有するため、今回の6人全員は来年も候補となる。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up