July 17, 2016 / 3:07 AM / 3 years ago

テニス=エナンとサフィン、殿堂入りセレモニー

 7月16日、世界テニス殿堂はことし新たに殿堂入りしたジュスティーヌ・エナン(右)とマラト・サフィン(中央)の二人を表彰。左は昨年殿堂入りしたアメリ・モレスモ(2016年 ロイター/Mary Schwalm)

[16日 ロイター] - 世界テニス殿堂は16日、ロードアイランド州ニューポートでことしの殿堂入りセレモニーを行い、新たに殿堂入りしたジュスティーヌ・エナン(34、ベルギー)とマラト・サフィン(36、ロシア)の二人を表彰した。

昨年殿堂入りを果たしたが、出産のためにセレモニーを欠席したアメリ・モレスモ(フランス)も姿を見せた。

四大大会7回制覇の実績を持つエナンは、「注目されるのはあまり得意ではない」としつつ、「テニスの歴史の一部になれるなんて、子供の頃は考えられなかった。とてもうれしく誇りに思う」と述べた。

四大大会を2回制覇し、引退後に政界に転じたサフィンは、「とてもうれしい。殿堂入りして歴史の一部になるのはとても名誉なこと」と語った。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below