July 7, 2014 / 1:06 AM / 5 years ago

テニス=ジョコビッチ、2回目のウィンブルドン制覇

 7月6日、テニスの四大大会の今季第3戦、ウィンブルドン選手権の男子シングルス決勝、第1シードのノバク・ジョコビッチ(写真)が第4シードのロジャー・フェデラーに6─7、6─4、7─6、5─7、6─4で勝利し、2回目の優勝を果たした(2014年 ロイター/Suzanne Plunkett)

[ロンドン 6日 ロイター] - テニスの四大大会の今季第3戦、ウィンブルドン選手権は6日、男子シングルス決勝を行い、第1シードのノバク・ジョコビッチ(セルビア)が第4シードのロジャー・フェデラー(スイス)に6─7、6─4、7─6、5─7、6─4で勝利し、2回目の優勝を果たした。

 ジョコビッチは第4セットにマッチポイントを逃し、逆転で落としたが、最終セットで4時間弱の熱戦に幕を下ろした。第4セット5─4で、ジョコビッチのマッチポイントで迎えたフェデラーのサーブが一度はアウトと判断されたが、リプレーの結果インに覆される場面があった。

 ジョコビッチは「この勝利は自分にとって、精神的に大きな意味がある。相手だけでなく、自分にも勝つことができた」とコメント。「最終セットで集中力を失い、相手に勝利を譲る可能性だってあった。これまでで最も特別な四大大会決勝となった」と話した。

 敗れたフェデラーは「素晴らしい決勝だった。最終セットまで行くとは思わなかった」とコメント。「信じ続けて、攻撃的なテニスを続けようとした。勝利できなくて残念」と語った。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below