for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

テニス=大坂、右肩負傷でWTAファイナル棄権

 女子テニスの世界ランキング3位、大坂なおみが右肩のけがにより年間成績上位8選手で争うWTAファイナルを棄権した。大会主催者が29日に発表した(2019年 ロイター/Aly Song)

[29日 ロイター] - 女子テニスの世界ランキング3位、大坂なおみが右肩のけがにより年間成績上位8選手で争うWTAファイナルを棄権した。大会主催者が29日に発表した。

シングルス1次リーグA組の初戦で勝利を飾った大坂は、29日に世界1位のアシュリー・バーティ(オーストラリア)と対戦する予定だった。

大坂は「ファイナルを棄権することになり、残念。これは一年のなかでWTAツアーで一番大きい大会。この大会、そして、自分のシーズンをこのような形で終えたくはなかった」と述べ、「元気になり、また来年に深センに戻ってこれることを願う」と続けた。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up