November 5, 2019 / 12:13 AM / in 9 days

テニス=錦織は世界ランク13位に後退、ナダルが1位に再浮上

 男子テニスの最新世界ランキング、錦織圭は前回の11位から13位に後退した。ニューヨークで8月撮影(2019年 ロイター/Danielle Parhizkaran-USA TODAY Sports)

[4日 ロイター] - 男子テニスの最新世界ランキングが4日に発表され、錦織圭は前回の11位から13位に後退した。ラファエル・ナダル(スペイン)が1位に再浮上した。

ナダルはマスターズ・パリ大会で準決勝に進出。腹部のけがで試合を棄権したが、優勝したノバク・ジョコビッチ(セルビア)に代わってトップに立った。

ナダルは今季の四大大会では、全仏オープンと全米オープンで優勝。「今シーズンにはとても満足している」と述べた。

33歳での世界1位浮上は、2018年に36歳で達成したロジャー・フェデラー(スイス)に次ぐ史上2位の年長記録。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below