for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

テニス=ソールズベリー組、コロナ懸念でマスターズ・パリ棄権

 テニスの全豪オープン、男子ダブルスで優勝したジョー・ソールズベリー(右)、ラジーブ・ラム(左)組が新型コロナウイルスへの懸念から、マスターズ・パリ大会で棄権となった。メルボルンで2月撮影(2020年 ロイター/Edgar Su)

[2日 ロイター] - テニスの全豪オープン、男子ダブルスで優勝したジョー・ソールズベリー(英国)、ラジーブ・ラム(米国)組が新型コロナウイルスへの懸念から、マスターズ・パリ大会で棄権となった。テニスの男子ツアーを統括するATPが2日、発表した。

ソールズベリーが接触していた人物が1日、新型コロナウイルスの検査で陽性だった。ソールズベリーは陰性で無症状だが、隔離されている。

ソールズベリー組はシーズン最終戦、ATPファイナルへの出場を決めている。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up