for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

テニス=大坂、東京五輪のためなら「再び2週間の検疫構わない」

 女子テニスで世界ランキング3位の大坂なおみは、日本に住む人々の安全のためであれば、今夏の東京五輪に向けて再び2週間の隔離生活を送っても構わないと語っている。アデレードで29日撮影(2021年 ロイター)

[メルボルン 31日 ロイター] - 女子テニスで世界ランキング3位の大坂なおみ(23)は、日本に住む人々の安全のためであれば、今夏の東京五輪に向けて再び2週間の隔離生活を送っても構わないと語っている。

2月8日開幕の全豪オープン(OP)を前にオーストラリア入りし、29日にアデレードでの2週間の検疫を終えたばかりの大坂。31日に記者団に対し、「五輪に出場するために、自分の部屋に2週間こもっても構わないと思っている。東京でプレーすることは私にとって非常に特別。国を開放するので、人々の安全を私は心配している」と述べた。

東京五輪は新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)を受けて1年延期となり、今年7月23日に開幕する。大会主催者は現時点で、出場予定の1万1000人のアスリートに関して、大規模な検疫を実施する予定はない。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up