for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

テニス=大会ディレクター、予定通りの全豪OP開幕に自信

 オーストラリア入りした選手たちが滞在したホテルの従業員が新型コロナウイルス陽性となったことを受けて、開催が懸念されるテニスの全豪OPだが、大会ディレクターのクレイグ・タイリー氏は4日、予定通りに開催すると述べた(2021年 ロイター/Loren Elliott)

[メルボルン 4日 ロイター] - オーストラリア入りした選手たちが滞在したホテルの従業員が新型コロナウイルス陽性となったことを受けて、開催が懸念されるテニスの全豪オープン(OP)だが、大会ディレクターのクレイグ・タイリー氏は4日、予定通りに開催すると述べた。

新型コロナウイルス感染拡大を阻止するため、8日にメルボルンで開幕する予定の四大大会初戦、全豪OPに向けてオーストラリア入りした選手と関係者らは14日間の検疫を義務付けられたが、選手の大半は隔離を終えていた。

ところが、選手らが隔離生活を送ったホテルの1つ「グランドハイアット」の従業員1人が新型コロナウイルスに感染したと3日夜に発表され、前哨戦にあたる6つの大会のうち、4日に予定されていた試合が全て中止に。述べ507人(うち選手は160人)に再検査の実施と、結果が出るまでの隔離が求められた。

タイリー氏は報道陣に対し、「私たちは、全豪OPが開催されると絶対的な自信を持っている。8日に開幕する」と述べた。

4日午後までに507人全員の再検査が行われ、結果が陰性であれば、選手たちは前哨戦への参加が可能となる。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up