for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

テニス=ワクチン接種完了した選手の制限緩和へ

ATPは2日、新型コロナウイルスのワクチンを接種した選手については、検査で陽性反応を示した者との濃厚接触者とはみなさないとする新たなプロトコルを定めた。写真は男子のアンドレイ・ルブレフ。米フロリダ州マイアミで1日撮影(2021年 ロイター/Geoff Burke-USA TODAY Sports)

[2日 ロイター] - テニスの男子ツアーを統括するATPは2日、新型コロナウイルスのワクチンを接種した選手については、検査で陽性反応を示した者との濃厚接触者とはみなさないとする新たなプロトコルを定めた。

また、新たなレギュレーションでは、ワクチンを接種済みの選手は試合開催地に到着後、最初の検査結果が出る前の隔離措置も免除される。

ワクチン接種を巡っては、男子ではアンドレイ・ルブレフ(ロシア)が「現時点では摂取しても恩恵があるわけではないと分かっている。いずれにせよ、バブル環境で過ごさなければならないのだから」と語るなど、マイアミ・オープン出場中の選手らから消極的な意見が出ており、ATPと女子ツアーを統括するWTAは先日、アスリートの接種を推奨する姿勢を表明していた。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up