for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

テニス=ジョコビッチ、世界ランク33位にストレート負け

 男子テニスのマスターズ・モンテカルロ、シングルス3回戦で世界ランキング1位のノバク・ジョコビッチ(写真)が同33位のダニエル・エバンズに4─6、5─7のストレート負けを喫した(2021年 ロイター/Eric Gaillard)

[15日 ロイター] - 男子テニスのマスターズ・モンテカルロ大会は15日、シングルス3回戦の試合を行い、世界ランキング1位のノバク・ジョコビッチ(セルビア)が同33位のダニエル・エバンズ(英国)に4─6、5─7のストレート負けを喫した。

ジョコビッチはリズムを掴むのに苦労し、アンフォーストエラーは45とエバンズの倍以上を記録。11試合目にして、今季初黒星となった。

ジョコビッチとの初対戦を勝利で飾る形となったエバンズは、コートサイドのインタビューで、「まだあまり実感がわかない。最後のボールがネットを越えたのも信じられなかった」とコメント。「ノバクと対戦するようなビッグマッチに自信を持って臨むことはできない。これは間違いなく大きな勝利だし、勝ち上がれてとてもうれしい」とも述べた。

そのほかの上位シード勢では第3シードのラファエル・ナダル(スペイン)、第4シードのステファノス・シチパス(ギリシャ)、第6シードのアンドレイ・ルブレフ(ロシア)は勝ち上がり、第5シードのアレクサンダー・ズベレフ(ドイツ)と第9シードのロベルト・バウティスタ(スペイン)は敗退した。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up