September 9, 2018 / 12:48 AM / 2 months ago

テニス=20歳の大坂、逆境跳ね返し快挙達成

 9月8日、女子テニスの大坂なおみ(左)は、全米オープンのシングルス決勝で元世界ランク1位のセリーナ・ウィリアムズ(右)を撃破。観客が地元セリーナを応援する中、逆境を跳ね返し、四大大会初優勝の快挙を成し遂げた(2018年 ロイター/Robert Deutsch-USA TODAY Sports)

[ニューヨーク 8日 ロイター] - 女子テニスの大坂なおみ(20)は8日、全米オープンのシングルス決勝で元世界ランク1位のセリーナ・ウィリアムズ(米国)を撃破。観客が地元セリーナを応援する中、逆境を跳ね返し、四大大会初優勝の快挙を成し遂げた。

大坂が第1セットを先取して迎えた第2セットの第2ゲーム、客席からコーチが指示を出していたとして、セリーナが主審から警告を受けた。

これに怒りをあらわにしたセリーナはその後、ラケットをコートにたたきつけ、2回目の警告を受けると、主審に猛抗議。「うそつき」などとののしった。

セリーナのゲームペナルティーで5─3とリードした大坂は、落ち着いたプレーを続けてストレート勝ちを収めた。

試合後も主審に対するブーイングが続いたが、大坂は「誰もが彼女を応援していたことは分かっていた。このような形で終わったことを申し訳なく思っている」とし、「試合を見てくれてありがとう」とコメント。

「全米オープンの決勝でセリーナと対戦するのが夢だった。プレーできて光栄だった」と話した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below