September 21, 2018 / 12:31 AM / a month ago

テニス=東レ、ウォズニアッキ連覇ならず 二宮・加藤組は4強

[20日 ロイター] - 女子テニスの東レ・パンパシフィック・オープンは20日、アリーナ立川立飛で試合を行い、シングルス2回戦では前回優勝した第1シードのキャロライン・ウォズニアッキ(デンマーク)がカミラ・ジョルジ(イタリア)に2─6、6─2、4─6で敗れた。

第7シードのアシュリー・バーティ(オーストラリア)も主催者推薦のビクトリア・アザレンカ(ベラルーシ)に4─6、2─6のストレート負け。

第8シードのバルボラ・ストリコバ(チェコ)はアネット・コンタベイト(エストニア)を下して、勝ち上がった。ストリコバは21日の準々決勝で全米オープン優勝の大坂なおみと対戦する。

ダブルス準々決勝では、加藤未唯、二宮真琴組がリュドミラ・キチェノク(ウクライナ)、カタリナ・スレボトニク(スロベニア)組を6─4、2─6で迎えたマッチタイブレークを10─7で制した。

今西美晴、アンナ・ツァヤ(ドイツ)組は、アンドレア・フラバチコバ、バルボラ・ストリコバ(ともにチェコ)組に敗れた。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below