January 10, 2019 / 3:38 AM / 5 months ago

テニス=18年の処分者は過去10年で最多、8人が永久追放に

1月9日、テニスの不正監視団体、TIUは2018年に不正行為で処分を受けた選手数が、同団体が設立されてからの10年間で過去最多だったことを明らかにした。写真は永久追放処分を受けたダニエレ・ブラッキアリ。イタリアのサルディニアで2007年7月撮影(2019年 ロイター/Giampiero Sposito)

[ロンドン 9日 ロイター] - テニスの不正監視団体、TIUは9日、2018年に不正行為で処分を受けた選手数が、同団体が設立されてからの10年間で過去最多だったことを明らかにした。

最も多かった事案は試合の賭博に関連した八百長で、元世界ランク49位のダニエレ・ブラッキアリ(イタリア)ら8人が永久追放処分となった。

TIUチェアマンのスティーブ・シモン氏は「TIUはスポーツの品位を守るために休む間もなく働き続けた」との声明を発表。「処分を受ける選手や組織の数は年々増加している」と警鐘を鳴らしている。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below