January 20, 2019 / 12:26 AM / 3 months ago

テニス=錦織が全豪3回戦突破、次戦はカレノブスタと

 1月19日、テニスの全豪オープン、男子シングルス3回戦で錦織圭(写真)はジョアン・ソウザを7─6、6─1、6─2で下し、4回戦に進出した(2019年 ロイター/Lucy Nicholson)

[メルボルン 19日 ロイター] - テニスの四大大会第1戦、全豪オープンは19日、メルボルンで試合を行い、男子シングルス3回戦では第8シードの錦織圭がジョアン・ソウザ(ポルトガル)を7─6、6─1、6─2で下し、4回戦に進出した。

錦織は1回戦からフルセットの試合が続いていたが、第1セットでタイブレークを制して主導権を握ると、ストロークのペースを速め、ネットプレーでは柔らかいタッチを見せて快勝した。

大会の公式ウェブサイトによると、錦織は試合後、「第1セットはどちらが取ってもおかしくなかった」と述べ、「第2、第3セットは少し力が抜けていいショットが出始め、サーブも決まった。3セットで勝てたことで体が助かる」とコメントした。

4回戦では第23シードのパブロ・カレノブスタ(スペイン)と当たる。「ベースラインからのショットがとても安定している選手。動けるしサーブもいい」とし、ラリーが多くなるのではと予想した。

そのほか第1シードのノバク・ジョコビッチ(セルビア)、第4シードのアレクサンダー・ズベレフ(ドイツ)が勝利を収めた。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below