June 5, 2019 / 12:12 AM / in 3 months

テニス=全仏、ナダルが錦織下し4強入り 次戦はフェデラーと

 テニスの全仏オープンは4日、男子シングルス準々決勝を行い、第2シードのラファエル・ナダル(写真)が第7シードの錦織圭を6─1、6─1、6─3のストレートで下した(2019年 ロイター/Charles Platiau)

[パリ 4日 ロイター] - テニスの全仏オープンは4日、パリのローランギャロスで試合を行い、男子シングルス準々決勝では、第2シードのラファエル・ナダル(スペイン)が第7シードの錦織圭を6─1、6─1、6─3のストレートで下した。

同大会12回目の優勝を目指すナダル。次戦では、第24シードのスタン・バブリンカとのスイス勢対決を制した第3シードのロジャー・フェデラーと通算39回目の対決を迎えることが決まったが、「正直に言うと、個人的に大事なのは準決勝に進むこと」とコメント。

フェデラーとの対戦については「われわれは、互いのキャリアで最も重要な場面を何回もコートで共有してきた。今回もそのなかの一つ。うれしく思うし、楽しみにしている。特別な瞬間になるだろう」と述べた。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below