June 7, 2015 / 1:57 AM / 4 years ago

テニス=ドディグ組が全仏OP初優勝、ブライアン兄弟組下す

 6月6日、全仏オープン、男子ダブルス決勝、第3シードのイワン・ドディグ(左)、マルセロ・メロ(右)組が第1シードのボブ・ブライアン、マイク・ブライアン組を下し、四大大会初優勝を達成した(2015年 ロイター/Pascal Rossignol)

[パリ 6日 ロイター] - テニスの全仏オープンは6日、男子ダブルス決勝を行い、第3シードのイワン・ドディグ(クロアチア)、マルセロ・メロ(ブラジル)組が第1シードのボブ・ブライアン、マイク・ブライアン(ともに米国)組を6─7、7─6、7─5で下し、四大大会初優勝を達成した。

クロアチアの選手が同大会でタイトルを獲得したのはこれが初めて。また、メロはブラジル勢ではグスタボ・クエルテンに次ぐ2人目の同大会優勝を果たした。クエルテンは1997年、2000年、2001年の男子シングルスで優勝した。

ブライアン組は通算17回目の四大大会優勝を逃した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below