for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

テニス=膝手術のフェデラー、全豪オープン出場に暗雲

 男子テニスの世界ランク5位、ロジャー・フェデラーは手術を受けた膝の回復が長引いているため、来年1月に予定されている全豪オープンに出場できるかどうか分からないとの見方を示した。メルボルンで1月撮影(2020年 ロイター/Issei Kato)

[14日 ロイター] - 男子テニスの世界ランク5位、ロジャー・フェデラー(39、スイス)は手術を受けた膝の回復が長引いているため、来年1月に予定されている全豪オープンに出場できるかどうか分からないとの見方を示した。

フェデラーは今年、左膝を2回手術。1月の全豪オープン準決勝でノバク・ジョコビッチ(セルビア)に敗れて以来、試合から遠ざかっている。

スイスの地元メディアによると、フェデラーは13日、「10月の時点で100パーセントの状態になっていることを願っていたが、まだそうではない。全豪オープンに出場できるかどうかは分からない」と話したという。

歴代最多タイ20回の四大大会シングルス優勝を誇る同選手は10月、痛みなく練習できており、全豪オープンでツアー復帰を果たせる見通しであると述べていた。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up