for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

テニス=マリーが懸念、「ATPの過密日程は安全ではない」

四大大会で通算3回の優勝を誇る男子テニスのアンディ・マリーは、7週続けて大会が組み込まれているATPツアーの日程は過密であるとし、選手たちにとって安全ではないとの見方を示した。マドリードで2019年11月撮影(2020年 ロイター/Susana Vera)

[27日 ロイター] - 四大大会で通算3回の優勝を誇る男子テニスのアンディ・マリー(33、英国)は27日、7週続けて大会が組み込まれているATPツアーの日程は過密であるとし、選手たちにとって安全ではないとの見方を示した。

ATPツアーは新型コロナウイルスの影響で3月に中断したが、シティ・オープン(米ワシントンDCで8月14日に開幕)で再開する予定。

さらにニューヨークでの全米オープンなど米国で2大会を行った後、9月8日にオーストリアのキッツビューエルでの大会からクレーシーズンがスタート。その後もマドリードやローマでのマスターズ大会などがあり、9月末には全仏オープンが開幕する予定となっている。

マリーは記者会見で「ニューヨークでの準決勝や決勝の後、マドリードの高地でのクレー大会に出場することは、しばらく大会でプレーしていない選手たちにとって安全ではない」とコメント。「トップ選手の多くが主要大会に出場できなくなる可能性がある」と懸念を示した。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up